Sample Image

睡眠1時間前に水を

「睡眠1時間前に水を」

水を飲むことは美容にも健康維持にも欠かせないことですし、いろいろな利点もあります。
飲むタイミングは、その人のライフスタイルに合わせて自由に設定出来るのもいいですね。
特に決めずに喉が渇いたと感じたら、その度に一口か二口の水をこまめに補給するのも良い方法です。
起き抜けのコップ1杯のお水も健康にいいと言われていますね。

寝ている間は自分で意識していなくても、寝汗をかきます。
どのくらいの寝汗をかくかについては、個人差もありますし季節や気温によっても変わりますが、だいたい1晩でコップ1杯くらいの汗をかくと言われています。
毎日寝ている布団が重たいとか、湿っているように感じる場合は、寝汗のせいかもしれませんね。

スポーツや体を動かしたり、蒸し暑い夏は何もしなくても汗をかきます。
カラダの中の水分が汗となって出てくるので、汗をかいた後は必ず水分補給をします。
水分補給と考えなくても、自然と喉が渇くので水分が欲しくなるはずです。

寝起きに喉が渇いたと感じる場合、お酒を飲み過ぎたという理由もありますが、それ以外の場合にも喉の渇きを感じることがあります。
寝汗が原因で、カラダの中の水分が失われるので喉が渇く場合もあります。
寝る前に水分をとると、夜中にトイレに行きたくなるので出来るだけ水分は取らないようにする人もいますね。
確かにがぶ飲みをすればトイレにも行きたくなりますが、寝る前にちょうど寝汗分のコップ1杯の水分補給をするのも良い方法です。

ただし寝る直前ではなく、睡眠1時間前に飲むのがポイントです。
水を飲むと体温が少しだけ下がるので、寝つきがよくなるという説もあります。
水分補給という意味だけではなく、他にも体にとって必要な理由があるのです。

寒い時期には冷たい水を飲むのに抵抗がある人もいるでしょう。
この場合は軽く温めた白湯でも大丈夫です。
水分補給というと、コーヒーや紅茶をと考える人もいますが、寝る前のカフェインは寝付きを悪くします。
ジュースや炭酸飲料は糖分も多いので、やはり水が一番健康的ですね。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 水に含まれているバナジウムとは? All Rights Reserved.