Sample Image

水の保存方法

「水の保存方法」

「備えあれば憂いなし」という言葉もあるように、いつ何が起きてもいいように水や長期保存の効く食料をいつでも持ち出せる非常袋に入れている人も多いと思います。
今は災害時に備えた非常バッグも、あらかじめ必要なものがセットになって販売されているので、一から揃える手間もかからず安心です。

しかし非常食や水にも賞味期限や消費期限というのがあります。
一応長期保存が効くとなっていますが、永久的に保存できるというわけではないのです。
家庭にウォーターサーバーを導入している場合は、水の入ったタンクを何本かまとめて注文することもありますね。
このタンクはサーバーにセットするまでは、密閉状態になるので意外と長期保存ができます。
これはタンクの状態や形式などによっても変わりますが、未開封の状態ならば3ヶ月〜1年間は保存が可能となっています。

ペットボトルの水の場合は、必ずボトルのシールやパッケージに、保存可能期間が記載されています。
一般的に市販されているペットボトルでも、2年〜3年と意外と長期間保存ができます。
非常用の水として特別に充填されているものは、5年〜7年保存可能のものもあります。
これは全て未開封での状態の場合です。

水の保存方法も注意しておきたいですね。
保存する場合には、直射日光が当たらない風通しのいい暗所に置いておきます。
一旦飲み干したペットボトルに、水道水を入れて保存しようと考える人もいますね。
水道水は一応殺菌処理されていますが、長期保存には不向きです。
冷蔵庫に入れておいても、汲み置きの水は1週間以内に飲みきるようにするのが理想なので、長期保存の場合は未開封のペットボトルやタンクにしておきましょう。

またイザという時必要になる水の量もある程度は確保しておきたいですね。
最低限の量で見積もっても、1人分で1日に2リットル用意しておきたいですね。
家族の人数に合わせて、少し余裕をもって保存しておくと安心です。
保存可能な期間を過ぎないように、定期的に新しいものと交換していきましょう。
http://www.medawater-rmsu.org/には、人間以外の動物や植物と水との関わりについてかいてありますので、よかったらご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 水に含まれているバナジウムとは? All Rights Reserved.