Sample Image

妊娠中には水を飲みましょう

「妊娠中には水を飲みましょう」

妊娠中すると喉が渇くので、たくさん水分補給を心がけるようになります。
しかしのこの場合は、お母さんの喉の渇きを潤すことだけを考えるのではなく、お腹の中の赤ちゃんのことも考えてあげることが大切です。
妊娠前に飲んでいたものを、妊娠後にもそのまま普通に飲んでいる人も多いと思います。

アルコールは赤ちゃんにも影響を与えてしまうので、妊娠した途端お酒を辞める人もいますね。
これはとてもいいことなのですが、お酒以外はそのまま普通に飲んでしまうことも多くなります。
しかしコーヒーや紅茶はカフェインを多く含みます。
既にカラダの昨日がある程度出来上がっているのなら、コーヒーや紅茶を飲んでも問題ありません。

またお母さんが食べたり飲んだりしたものは、そのまま赤ちゃんにも送られることになります。
お腹の中の赤ちゃんは、成長途中であるためカフェインなどの刺激の強いものを摂取しても、それを分解することができません。
妊娠中にコーヒーや紅茶等を飲まない方がいい、と言われるのはこのためです。

では炭酸飲料やジュースはどうでしょう?
種類にもよりますが、炭酸飲料水やジュースには砂糖や添加物が多く含まれているものもあります。
食事には気を使っているのに、飲み物で大量の糖分や添加物を摂取していては意味がありませんね。
しかし中にはコーヒーやジュースを断つことで、過度のストレスを感じる人もいますね。
そういう場合にはノンカフェインのコーヒーや、カフェインを含まないハーブティなどで代用しましょう。
ジュースは100%のものだけにするなど、出来るだけ赤ちゃんのことも考えてあげましょう。

妊娠中の水分補給には、水がオススメです。
ミネラルウォーターは、適度なミネラルの補給にもなりますし、カフェインも含まれていません。
妊娠中は食事の量も増えるので、カロリーオーバーになってしまうこともありますが、水はカロリーもゼロで脂肪分などもないので安心して飲むことができます。
寒い時期には、温めた白湯を飲むとカラダにも優しいのでオススメです。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 水に含まれているバナジウムとは? All Rights Reserved.