Sample Image

むくみは水の過剰摂取が原因じゃない?

「むくみは水の過剰摂取が原因じゃない?」

よく水を飲み過ぎると、体や顔がむくむから良くないと言われることがありますね。
確かに水太りという言葉があるように、水の飲み過ぎが原因で体がむくんでいると感じることもあります。
しかし体や顔がむくむ場合は、必ずしも水の飲み過ぎだけが原因とは言い切れません。
むくみの原因はいくつかあります。
塩分の摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎもむくみの原因になります。
この他にも、冷え性や睡眠不足、過度のストレスが原因でむくみという症状が出ることもあります。

そもそもむくみとはどういうものなのでしょうか?
医学用語ではむくみのことを、浮腫といいます。
浮いた腫れと聞いても、あまりピンときませんね。

むくみが出たときカラダの中ではある変化が起きています。
人の体は全体の6割〜7割が水で出来ていると言われていますね。
この場合の水というのは、体液や血液、リンパ液なども含んでいます。
むくみという症状が出るとき、何らかの原因で血液中の水分や体液が、リンパ菅の外にたまってしまう状態のことを言います。
本来ないはずのところに水分がたまってしまうので、むくみという症状になってしまいます。
血液やリンパの流れが滞っているため、体外に排出されるはずの老廃物がたまってしまうのもむくみの原因です。

むくみ解消法として、リンパマッサージをしてリンパの流れを正常な状態に導いてあげましょう。
こうすることで本来の流れに戻っていくので、朝むくんでいた顔や体も、リンパの流れをよくすることで解消されていきます。
ストレスや睡眠不足は、カラダの中のホルモンバランスや、自律神経のバランスを崩してしまいます。
マッサージも大切ですが、むくみ予防にはストレスを溜めないことも大切ですね。
不規則な生活を送っていると、どうしてもホルモンバランスや自律神経のバランスも乱れてしまいがちになります。
水分の摂り過ぎもむくみの原因になることがありますが、ほかの原因も考えられるので必ず原因を確かめることも大切です。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 水に含まれているバナジウムとは? All Rights Reserved.