Sample Image

硬水と軟水の違い

「硬水と軟水の違い」

水の種類は大きく分けて、http:///xn--1rw.nameでもあるように、軟水と硬水の2種類になりますが、日本国内で販売されているミネラルウォーターは、軟水も硬水も両方あります。
あくまでも大まかな分類ですが、日本では水道水、ペットボトル、ウォーターサーバーのお水のほとんどが軟水です。
スーパーやコンビニエンスストアでよく見かける、ボルビック/クリスタルガイザー/富士山の天然水などがこれにあたります。
一方海外でも、特にヨーロッパ地方は、硬水がポピュラーとなっています。
スーパーやコンビニエンスストアでよく見かける代表的な硬水としては、エビアン/ペリエ/コントレックスなどがこれにあたります。

日本国内でもよく見かける、ペットボトルの水を飲み比べても分かることですが、それぞれに風味に特徴があります。
日本では軟水が馴染み深いので、口当たりがまろやかで抵抗なく飲める水です。
硬水はあまり日本人には馴染み深くないので、少し尖ったような口当たりで、飲みにくいと感じることがあります。

この硬水と軟水の違いは何だと思いますか??
一番わかりやすいのは、ミネラル(カルシウム&マグネシウム)の含有量の違いです。
これを数字で表すと、軟水は1リットルあたりのミネラルの含有量が、0mg〜100mg未満になります。
硬水はリットルあたりのミネラル含有量が、300mg以上とされています。
ペットボトルのお水を買うときには、必ずボトルに水の種類などが記載されているので確認してみればその水が、硬水なのか軟水なのかがわかると思います。

こうして見るとコントレックスやエビアンは、ダイエットや美容のために飲む水としても人気がありますね。
これはダイエットの時の食事制限などで、不足しがちなミネラルを水で補給できるからです。
水にはカロリーもないし、多めに飲んでも尿や汗で排出されるのでカロリーを気にせず飲めることから、ダイエットにもピッタリです。
軟水にもミネラルは多少含まれていますが、含有量が少ないので赤ちゃんのミルク用にも使える口当たりの優しいお水です。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 水に含まれているバナジウムとは? All Rights Reserved.