Sample Image

1年間のお水の購入金額

「1年間のお水の購入金額」

水というのは水道の蛇口をひねれば出てくるものですね。
しかし今は食の安全と同じように、水の安全にもこだわる人が増えてきているので、特に飲料水や料理に使う水は買うという人も増えています。
この場合はペットボトルや、ウォーターサーバーの専用タンクのお水のことになります。
飲料水や料理に使う水は、毎日使うものですね。
毎日使えば量も減ってくるので、その都度買い足していくことになります。

1年間のお水の購入金額はどのくらいになるのでしょうか?
まずこの場合メリットが多いのは、ウォーターサーバーです。
メーカーによっては、水を購入する代わりにサーバーはずっと無料でレンタルできるところもあります。
水は定期的に宅配してもらえて、空きタンクも配達時に回収してくれるので買い物に行く手間も省け、毎回重い水を持ち運ぶこともありません。
水が入っている容器は、小さくたたんで捨てられるものもあります。

水の価格ですが、これもメーカーによって多少の違いがあります。
例えばサーバーは無料だけど、お水の価格が高めの場合は、年間のメンテナンスが無料になります。
サーバーは無料で水の価格や安くても、年間のメンテナンス費用が別途必要になったり、1回に注文するボトルやタンクの数が決まっている場合もあります。

ここは各メーカーで違いますが、あるメーカーを例にして比較してみましょう。
ウォーターサーバーのお水はタンクに入っていますが、1本あたりの量も12リットルと大容量です。
メーカーで条件などの違いはありますが、相場としては1本995円〜1,000円平均となっていて、500mlあたり42円換算になります。

一方ペットボトルでお水を買う場合には、500ml入りのものでも150円はします。
これを基準に考えると1リットルで約300円、12リットルにもなると3,600円ということになります。
家族の人数にもよりますが、1人が1ヶ月に1本のタンクを使用すると仮定すると、ウォーターサーバーの場合は、年間で11,940円〜12,000円。
ペットボトルの場合は、43,200円かかります。
あくまでも単純計算ですが、圧倒的にウォーターサーバーの方がお得だということがわかりますね。
http://www.zkaradza.com/に日本と海外のミネラルウォーター事情についてかいてありますのでご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 水に含まれているバナジウムとは? All Rights Reserved.