Sample Image

身体に優しい水とは?

「身体に優しい水とは?」

ウォーターサーバーというと、公共施設や会社のオフィスなどでよく目にするものでした。
最近は、一般家庭にもウォーターサーバーを導入する家庭が増えています。
水というとイメージ的には、水道の蛇口をひねって出てくる水か、コンビニエンスストアやスーパーに並んでいる、ペットボトルに入ったお水をイメージしますね。
今はウォーターサーバーで使う、タンクや専用ボトルに入ったお水も身近になっています。

実は水にも種類があるのを知っていましたか?
一般的には硬水と軟水となっていますが、ちょうど中間の中硬水という種類もあります。
日本のお水はhttp://www.h2oforlifeschooltoschool.org/にも解説されていますが軟水が多いので、
日本人の口に合うのは軟水だと言われています。
欧米では硬水の方がポピュラーとなっています。
日本の水道水は軟水ですが、ペットボトルやウォーターサーバーの専用ボトルの中には、硬水や中硬水もあります。

飲み比べると水にも味というか、風味や口当たりの違いがあるのを感じることができます。
軟水は日本人の口にもなじみやすいのでまろやかな口当たりです。
硬水はミネラル分が豊富に含まれているので、はじめは少し尖ったような口当たりがします。

よく水を選ぶときのポイントとして、カラダに優しいお水というフレーズがありますね。
日本のお水は軟水なので、普段から飲みなれている軟水がカラダに優しいお水と言えます。
ミネラル補給のために、あえて硬水を選ぶ人もいますが、飲みなれない人が急にたくさんの硬水を飲むとお腹を壊すこともあるので注意しましょう。
デリケートな赤ちゃんのミルクを作るのに適しているのは、軟水です。
つまりカラダに優しいお水=軟水ということになります。

これとは別に、ピュアウォーターとか純水と呼ばれるお水もあります。
軟水には多少のミネラルも含まれていますが、純水は軟水を特別に目の細かいフィルターでろ過した水なので、不純物を取り除いたピュアなお水になります。
ミネラルなども取り除かれるので、水の風味はなくなってしまいますが、赤ちゃんのミルクにも使えますし、クセがないので美味しく飲めるのも特徴です。
ある意味、純水もカラダに優しいお水と言えます。
http://www.sports-guide.org/では日本で1番きれいな水が紹介されていますのでご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 水に含まれているバナジウムとは? All Rights Reserved.