Sample Image

理想のバナジウム摂取量

「理想のバナジウム摂取量」

血糖値を下げたり、コレステロールや中性脂肪のコントロールができるとして注目されている、バナジウムはミネラル物質の一種です。
日本には数箇所の天然水の採取地がありますが、その中でも富士山の天然水にはバナジウムが多く含まれていることから大変人気があります。
コンビニエンスストアやスーパーで売っているペットボトル入りの水や、ウォーターサーバーのタンクにもバナジウム含有のものが人気となっています。
デトックス効果も期待できるので、ダイエットにもピッタリの水と言えます。
美容のため、健康のため、インスリンと同じような作用が期待できることから中には糖尿病の人が積極的にバナジウムの含まれている水を飲むこともあります。

しかしどんな成分にも、1日あたりの摂取量の目安や上限があります。
特に糖尿病の治療中の人は、自分の判断で使用せず医師に相談の上決めて行きましょう。
ビタミン等の場合は過剰摂取しても、吸収されない分は体外に排出されてしまいます。
しかしサプリメントであっても、1日あたりの摂取量の目安がありますので、過剰摂取は控えましょう。
バナジウムに関してですが、1日あたりの摂取量の目安は1.8mgだとされています。

しかし水以外にも、干しひじきや、ホタテ、焼きのり、アサリなどの身近な食材にも含まれているので、ヘルシーで栄養バランスのいい食事を意識していれば自然と摂取できますね。
水で摂取する場合はバナジウム含有のものを1リットル程度を目安にするといいと言われていますが、あまり飲みすぎはよくないので1リットルを上限にしておくといいですね。
これはバナジウムを含む水に関しての目安なので、バナジウムを含まない場合はもう少し多くのんでも問題ないでしょう。
いずれにしても水だからといって、がぶ飲みしてしまえば健康にもよくありませんし、水太りという言葉もあるように、良い状態とは言えません。
美容と健康を意識するのなら、なにごともほどほどに、適量にしておくのがオススメです。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 水に含まれているバナジウムとは? All Rights Reserved.